> 洗顔料・石鹸の選び方 > ニキビ > 洗顔料の選び方【ニキビ編】

洗顔料の選び方【ニキビ編】

ニキビ対策に洗顔料選びはとても重要です。ニキビの症状があっても、必ずしも同じ肌質ではありません。オイリー肌からくるニキビもあれば乾燥肌・敏感肌の場合もあります。お肌の状態をよく見ながら洗顔料を選んでいきましょう。

ニキビ肌の洗顔料選びの基本

ニキビに悩む方向けの洗顔料を選ぶ時には、形状にあまりこだわる必要はありません。固形石鹸、洗顔フォーム、ジェルタイプといった種類よりも、きめ細かい泡ができるか、洗顔後に潤いが残っているか、といったことが重要です。

敏感になっているニキビ肌だけに、洗い方は優しく。しっかり泡立てくるくる軽くマッサージし、洗顔料が顔に残らぬように念入りに洗い流し、清潔なタオルで優しく水分をふき取ること、それがにきび対策の洗顔の基本となってきます。

また、洗顔を始めるまえに、キチンと手も洗いましょう。炎症を起こしている肌を、雑菌だらけの手で洗うのは良くありません。洗顔の基本中の基本ではありますが、キレイな手で顔を洗うようにしましょう。

肌のタイプ別・洗顔料の選び方

乾燥肌でニキビが気になる方は、潤い不足から肌のバランスが崩れているかもしれません。また、乾燥が気になる方にが敏感肌も多いです。肌を痛めないよう刺激が強すぎない、しっとりタイプの洗顔料を選ぶとよいでしょう。強い洗顔料で皮脂を過剰に落とし過ぎないように、洗顔後は念入りに保湿ケアを行いましょう。

また、オイリー肌でニキビが気になる方は、基本的にはさっぱりタイプの洗顔料が良いでしょう。洗う際には、皮脂が多いTゾーンを念入りに。ただし、皮脂を落としすぎてしまうと肌のバランスが崩れてしまうので、洗いあがりはしっかりスキンケアを行いましょう。

ニキビ洗顔料の種類

ここでは、よく聞くニキビ向けの洗顔料について分類してみました。どんな効果があるのか、ぜひ参考にしてみてください。

ピーリングタイプ
ピーリング効果のあるAHAグリコール酸(フルーツ酸)配合の石鹸がおすすめです。濃度もさまざまですが、数値が高ければ効果があるというものではありません。刺激が強い石鹸となるだけに、肌に合うか試してみてから使用するようにしましょう。
サリチル酸・硫黄タイプ
硫黄やサリチル酸を配合した洗顔料は、殺菌や角質を柔らかくする作用があり、治療薬としても使われている成分です。薬用のクレアラシルやプロアクティブといった有名なニキビケア洗顔料の多くはサリチル酸を含んでいます。殺菌効果のある成分を使うことで、肌を清潔に保ち、にきびを予防します。
低刺激タイプ
ニキビ肌は通常時よりも敏感になっているため、低刺激な洗顔石鹸を選ぶことで肌の負担が和らぎます。とくに酷いニキビの場合には、少しでも肌に優しいほうが良いでしょう。ただし低刺激な商品は、同時に洗浄力が弱いこともお忘れなく。
スクラブタイプ
毛穴の奥に詰った汚れを取ろうと、スクラブ系の洗顔を使うのは避けましょう。デリケートになっているニキビ肌には、かえって傷つけるだけになることがあります。

さまざまな種類のニキビ対策の洗顔料がありますが、どの商品が肌に合うかは使ってみないと分かりません。自分の肌の状態をみながら、また口コミや評判を参考にしながら、肌に合う洗顔料を見つけましょう。

トップに戻る